地震に強い「耐震構造」もクレバリーホームなら実現できます。


■建物全体を貫く「通し柱」を2〜3倍に増やしました。

「通し柱」とは、土台から軒まで、1階と2階を貫いて建物全体を支える長い柱です。
一般的な在来工法で使われる「通し柱」は全部で4本程度ですが、クレバリーホームでは、その2~3倍の本数を使用しており、構造上のポイントとなる箇所に的確に配置しています。
これによって建物の1階部と2階部がしっかりと一本化され、住まいの強度を格段に向上。
地震の揺れや暴風にも負けない、強い家を造ります。


■独自の構造で耐震性を飛躍的にアップ

クレバリーホームの特徴は、通し柱などの柱で支える「在来軸組工法」でありながら、壁・床・天井の6面体で支える耐震性に優れた「ツーバイフォー工法」も取り入れていること。
これにより、設計の自由度と揺れに対する抵抗力という、双方のメリットを備えた「SPGモノコック構造」が誕生しました。

■強さのために、見えないところに最新の技術を集結しています。

地震や災害に強い家を実現するためには、何よりもしっかりした基礎が大切です。
一般的な住宅で使われているホールダウン金物に比べ、約2倍の強さでつなぎ止めるオリジナルの柱脚金物を採用しました。
建物を基礎にしっかりと接合することで、地震の揺れや台風の力に負けない、強い家をつくります。


クレバリーホームでは、柱や梁などにエンジニアリングウッドと呼ばれる集成材を使用。
エンジニアリングウッドは、木材を製材後、一定の強度のものだけを選別、その後、加工して建材に仕上げるという工程から生まれます。
これにより、無垢材よりもはるかに品質が安定し、強度も約1.5倍までに向上します。


クレバリーホームでは、接合部の強度を高めるため、独自に開発した接合金物を採用。
一般的な在来工法に比べて約1.5倍~3倍の接合強度を実現しています。

エンジニアリングウッドと無垢材の強さを比較した実験によると、強度を示す「曲げヤング係数」の数値は、エンジニアリングウッドの方が優れていました。
無垢材は試験体によってこの数値に差があるのに対し、エンジニアリングウッドはほとんど違いがなく、常に安定した強度を備えていることがわかりました。
※ 105mm×240mm×4,320mmの試験体 各5本で検証。

Copyright © CREVERLY HOME NIIZA ASAKA All Rights Reserved.