お客様に安心してお住まいいただけますよう、施工中から住宅の検査を徹底的に行い、お引渡し後もお家の点検を行います。

クレバリーホーム新座・朝霞店では、(株)ホームリサーチという、完全な第三者機関に依頼して、住宅の基礎工事から施工終了まで徹底した検査を依頼します。

「設計図書どおりに施工されているか」
「土台は傾いていないか」
「耐震性等が一般基準をクリアしているか」
「防火対策はきちんとされているか」など、
建築物の安全性等を、(株)ホームリサーチが徹底的に検査いたします。

特に問題点がない住宅は検査合格とみなされ、撮影した写真とともに右図の「住宅検査報告書」にまとめられます。


クレバリーホームの加盟店が行っております、「長期アシストシステム」で定期的な点検を実施します。
お引渡しの際にお渡しいたします「定期点検手帳」に則って、メンテナンスを行います。

点検は引渡し日入居日どちらか早い日から以下の期間で、計9回行います。

補修が必要な箇所見つかった場合、補修工事を行います。 工事の予定は、事前に弊社よりお客様へご連絡させていただき、ご相談の上行います。 保証期間内の補修は無料です。
※補修の保証期間は補修箇所によって異なります。保証期間が終了した箇所の補修は、有料となりますのでご注意ください。

前述の通り、建築後30年間の長期保証を行っていますが、構造躯体を30年間にわたって保証するためには、躯体を白蟻や雨水から守ることが必要になります。
そのために行うメンテナンスのことを「10年目・20年目有料メンテナンス」といいます。
※10年目有料メンテナンスを行わない場合は15年目の点検と20年目有料メンテナンス、20年目有料メンテナンスを行わない場合は25年目以降の点検は実施できません。予めご了承ください。

床下の防蟻工事を再度行います。
最初から30年分の防蟻材を施すことは出来ませんので、5年ごとに必要になってきます。

外屋根・外壁の継ぎ目やサッシ廻り等と塗装(防水の役目を兼ねる)、屋内で水を使う部分(キッチンとお風呂)の防水について、再度工事を行います。

シーリング材の使用や塗装に伴い、足場を組む必要があります。
塗装に関しては、周辺住宅事情により養生シートを掛ける必要があるため、こうしたコストも事前に考慮する必要があります。

上記3項目は、あくまで必要最小限の項目です。
10年目の定期点検にてお客様の建物の状況を確認して、構造躯体を保証するために必要な補修を行ってからの作業であることを前提としております。
Copyright © CREVERLY HOME NIIZA ASAKA All Rights Reserved.