メンテナンス性と美しさを両立したタイルの外壁
クレバリーホームでは、外壁の素材にタイルをオススメしております。

高温で焼き固められたタイルは石に近い硬質な素材。
物が当たって強く引っかかれても、強風で巻き上げられた砂でこすられても、あまり傷つきません。
剣山を使った耐久テストでも、ほとんど傷がつくことはありませんでした。


天然素材を原料としているタイルは、強い陽射しや風雨にさらされても、変色や劣化を起こすことがほとんどありません。
紫外線を浴び続けても、ほぼ退色しません。
新築当時の鮮やかさを、ずっと保ち続けます。


タイルには、水に馴染みやすい「親水機能」があります。
この性質により汚れがこびりつかず、雨の日に流れ落ちてくれるので、外壁の美しさを長期間維持することができます。

手間をかけずに美しさを保つセルフクリーニングの住まい。それがタイルの家なのです。


上図は一般的な外壁材の家と外壁タイルの家の、メンテナンス費の比較になります。
一般的な外壁材は、約10年ごとに塗り替える必要があるのに対し、外壁タイルの家は、塗り替えや貼り替えが不要。
新築当初はコストがかかっても、長い目で見れば、メンテナンス費に大きな差が出ます。